So-net無料ブログ作成

成功をモデルとして真似てみるモデリングでスピード成功!NLPが あなたをお金持ちにする! [紹介]

スポンサーリンク




あなたは自分の成功に役立つレシピがあればどうしますか?

欲しいですよね?

 images (2).jpg

「美味しい料理が作りたい!」そう考えている時に、美味しいと評判のお店のレシピがあった

ら? 

しかも、その評判の料理は食べたことがあり、自分も気に入っていて
「そうそう!ここのお店のような美味しい料理が作りたかったのよ!?」

 

このような反応になりますよね?

 

 

では、あなたが思う成功を作るレシピがあったら・・・どうでしょうか?

そもそもそんなレシピが存在するのか?

実は・・・あるんです。

しかもなくても作ることができます。

 

例えば、あなたが考える成功と同じものをすでに手に入れている人がいたとしましょう。

そして、その人が書いている書籍やブログ、日記、発信情報があれば、見つかります。

それが成功のレシピになります。

 

そう!レシピは作れるのです。

もう1つ例をあげます、料理が下手な人でも、上手な料理人の食品の品揃えや味付けや料理過程を全てメモして、インタビューことで作ることができます。

もしあなたが成功したいのなら、成功のレシピを作ればいいのです。

 

●成功している人を探す。
●自分の成功に役立つスキルを持っている人を探す。

 

そこからスタートですね。

実は、NLPの成り立ちがこういった過程で作られているのをご存知でしょうか?

 

【卓越した結果を出す3人の天才。】
彼らのやっていることを観察して、レシピ化したものがNLPの始まりであります。

 

言い方を変えれば、成功しているモデルを研究し、同じような結果が生まれるようにレシピ化されたものと言えますね。(モデリング)

NLPのモデルを作る時に、エレガンスの原則という考え方が反映されています。

  1. ※エレガンスとは→上品な美しさ。優雅。気品。典雅。

 

 

NLPでは、数多くのワークやフレームが存在します。
質問やガイド手順・ガイド内容が書かれた紙1枚をガイド役の人が
クライアント(得意先・顧客)役の人に読み上げ、ワークをガイドするだけでNLPのテクニックが使えるようになっています。

 

 

卓越した結果を生むモデリングができるようにモデル化されているのがNLPの凄さですね。
早く学べ、いつでもどこでも学べるのが魅力です。
まさに、エレガンスの法則が色濃く反映されていますね。

 

エレガンスの法則・・・あるタスクに役立つ最も価値あるモデルは、パターンや区別の数を最低限に抑え、なおかつ、目的の最高には充分なものである。 

 

 

つまり、NLPを学び、モデリング技術が高くなることは、加速された成功という結果を生み出しやすくなります。

『結果の違いと生みだす重要ポイントに焦点化してレシピ化する』スキル。

 

成功している人をモデリングすること、つまり真似をすることは、スピード成功することになります。

 

モデリングのコツは、成功しているその人にイメージシュミレーションでなりきることです。
イメージワークを豊富にして、いろいろな感覚を使い臨場感たっぷりにイメージができるようになるほど効果的と言えます。

 

モデリングのコツとしては、行動だけを真似るより、
成功者の体の使い方、呼吸の仕方、言葉の使い方、言い回し、癖、表情、感情、思考、思考の順番など、VAK視覚 (Visual)聴覚 (Auditory)触覚 (Kinesthetic)など感覚を豊富に使って、その人に成りきり、振舞うこと。

 

やり方は簡単。

 

自分の成功に役立つ【成功者の真似したい部分】を見つけてください。
どういった場面で、その成功者はどう振舞うのか?

 

成功者は成功者としての振る舞いをするのでパフォーマンスが高く、成功します。

あとは、モデルの元になる人物の情報をできる限り手に入れることです。

 

話す機会があればいろいろ質問をしてインタビューするのもOKです。他にも、その人の文章、画像、映像にたくさん触れることが大切です。
そして、設定した場面に、その人がいることをイメージして、その人の中に自分が入ったイメージをしてください。

 

例えば、こんなイメージはどうでしょうか?

 

振る舞いをモデリングしてみたい人の後ろに立っているイメージをします。
その人の背中を見ると、チャックが付いています。
まるで着ぐるみの様です!
そのチャックをそっと下ろしてみると、なんと!中に入れるじゃないですか?
そっと、成功者の着ぐるみに入ってチャックをします。

 

すると、まる、その人になったように振舞えるではありませんか!

 

そして、設定した場面をその人に成りきって体験してみます。
成功者の体の使い方、呼吸の仕方、言葉の使い方、言い回し、癖、表情、感情、思考、思考の順番など、VAKなど感覚を豊富に使って、その人に成りきり、振舞いました。

 

 

「よし!このリソース(資源)自分のものにしておこう!これがあれば思う結果が手に入る!」
このようなリソースがあればOKです。
 

 

次は、同じ場面で、自分がそのリソースを持っているとしてイメージして体験してみます。 
イメージの中で、思う結果が手に入ったことが描くことができればOKです。何度もイメージし、成功のロールプレイ(役割演技)をしてみてくだい。 

 

いろいろな場面でイメージトレーニングをすることで、モデリング力がアップしていきます!

NLPに触れることで、スピード成功できる理由の1つですね! 

NLPを勉強して、スピード成功しましょう!!

 

ご紹介は以上です。 




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました